7月15日(土)の中部電塾勉強会は、

株式会社キューの坂本亮さんをお招きして

「動画の制作過程と撮影機材の多様化」と題してお送りします。

内容

動画撮影における機材は日々進化しています。

バリエーションが増えるとともに、撮影特機も多様化してきました。

今回はEOS C100やC300Ⅱ、FS7などのラージセンサーカメラや新時代のシネマレンズ 、

3軸ジンバルのFreefly MoVIやLibec SWIFT JIBなどの実機を展示するとともに、

それらを使った作品例を実際の制作事例と合わせてご紹介して頂きます。

セミナーの後半は各実機を実際に触れて、使用感も確かめていただけます。

動画制作のプロの現場を知る、またとない機会です。

是非ご参加下さい!

 












講師プロフィール
坂本 亮
総合映像制作会社(株)キューにて撮影・機材レンタル
ポストプロダクション等の技術部門の営業を担当。
技術部門の営業だけではなく、TVCM・VPの映像の制作プロデューサーも行う。
プロジェクションマッピングやモーターショーなどのイベント映像機器のマネージメントや
最近では4K・HDR・ドローン・ VRへの取り組みも始めている

開催日時

2017年7月15日(土)13:30~17:00

受講料

お一人様:3,000円(税込)

開催場所

CHIHAYAスタジオ 愛知県名古屋市中区新栄2丁目42−23 千早ビル 1F

※お車の方は、近くのコインパーキングをご利用下さい。
 

Leave a Reply