ishida850x8506月20日(土曜日)の中部電塾勉強会は、電塾会友のフォトグラファーの石田晃久さんをお招きして「スチールフォトグラファーが撮る、動画制作の現状と今後」と題してお送りします。

内容

2010年頃から本格的に普及した一眼ムービーもいまや定着し、動画制作の選択肢の一部となり、写真市場は映像関連機材であふれかえっています。そんななか、「必要な機材は、たったこれだけ」のシンプルな装備で着実にスチールと動画の撮影をこなしているのが石田晃久氏です。

『印刷の仕事は大切にしている』という同氏、実は動画の仕事が半数を超える月もあります。4年前には中部電塾にて、作例としてミュージックビデオを紹介頂きましたが、現在はブランドイメージビデオやNHKの番組 オープニング映像が中心になっていると変化を語っています。

石田氏は「企業がフォトグラファーに発注する3つの理由」を常に意識していると言います。
「技術と感性を仕事に変えるために必要」というフレーミングと光を重視した撮影スタイルは、
スチールフォトグラファー出身者はもちろん、ビデオカメラマンも参考になることでしょう。
「スチールとはここがちがう!知らないと大変なことになるポイント 」は初心者必見!

さらに、PhotoNext2015のセミナー【写真は光が命】の再現コーナーでは、演色性をテーマに
「大学生でもわかる!色出しのノウハウ」を解説します。
今後のために今やるべきことを考える明日を見据えたセミナーになることでしょう。

【PhotoNext2015出展社の声】
石田さんのセミナーでの溢れかえったオーディエンスと、みなさんの真剣な眼差しに驚きました。
今年ほど反響が大きかった年はありませんでした。(Profoto代表取締役 河原克弘氏)

石田さんのセミナーは大盛況でした。「光の成分」が誰でも簡単にわかるので、写真が変わります。
皆さん光源の色管理には関心があるのですね。(セコニック第2営業部 吉澤隆史氏)

中部電塾には4年ぶりの登壇です。
フォトグラファーの仕事の中身が変わりはじめている今日、すべてのフォトグラファーにとって
とても参考になる勉強会になるはずです。ぜひともご参加下さい!

 
講師プロフィール
石田晃久 いしだあきひさ
http://www.akihisa.net/
http://www.foliomodels.jp/portfolio/artist/

フリーフォトグラファー
株式会社フォリオマネジメント所属
公益社団法人 日本広告写真家協会 正会員
相模女子大学 非常勤講師 

横浜市生まれ 日本大学芸術学部写真学科 卒業
1990年5月:フリーランス・フォトグラファーとして活動を開始
人物・ファッション・タレント撮影を中心に 広告・エディトリアルの撮影を多数手がけている。

開催日時

2015年6月20日(土)13:30~17:00

受講料

お一人様:3,000円(税込)

開催場所

CHIHAYAスタジオ 愛知県名古屋市中区新栄2丁目42−23 石田大成社ビル 1F

※車の方は、近くのコインパーキングをご利用下さい。

 

Leave a Reply