6月16日(土)の中部電塾勉強会は、映像作家の小林浩さんをお招きして

「撮影から編集までの動画制作実践講座」と題してお送りします。

内容

動画制作における撮影から編集までをワークショップ形式にて行います。
昨今、クロマキー合成の映像が一般的になってきましたが、実際どのような工程を経て私達の目に届いているのでしょうか?そこで今回はクロマキーを利用した架空ニュース番組の制作を実演していただきます。動画における背景合成作業だけでなく、撮影から編集までの一連の作業を知るまたとない機会です。
是非ご参加ください!!!

 

講師プロフィール

小林 浩
G Factory代表

1966生まれ。30歳の頃、生涯をかけるに値する仕事とはなにかを考えるようになり、
趣味だったビデオ制作を仕事にすることを決意。
1998年
CGを駆使した映像が注目されて中部版デューダ誌の取材を受ける。
Macによる映像制作を中心としたプロダクション「ガジェットファクトリー」を設立。
2008年
ビデオサロン誌11月号より半年間の連載「映像クリエーターのための編集システム構築のススメ」を執筆。
2009年
パナソニックGH1によるDSLR撮影を導入。
2013年
玄光社「デジタルシネマカメラ完全攻略」においてパナソニックGH3の執筆担当。
2014年
DJI社Phantom2、LightBridgeというシステムで空撮を導入する。

現在は、企業ビデオ、TVCM、オープニングタイトル、市町村関連、
医学関連などの映像制作を中心に活躍中。

開催日時

2018年6月16日(土)13:30~17:00

受講料

お一人様:3,000円(税込)

開催場所

愛知県名古屋市中区新栄2-42−23 千早スタジオ

※お車の方は、近くのコインパーキングをご利用下さい。