3月17日(土)の中部電塾勉強会は電塾本部より鹿野宏さんをお招きし、「一眼ムービーなんて怖くない・超高精細的複写入門」と題してお送りいたします。とても興味深い3部作となっています。ぜひともこの機会をお見逃しなく、振るってご参加下さい!

内容

第一部 (13:30〜14:30 ) 学術的、正確な複写のための測量技術、超高精細的測量

ついに現実的になったタイリング撮影システムをさらに効率よく撮影するための方法論をご提案します。

第二部 (14:45〜16:00) α7RIII、X-H1、GH5Sの比較検証

デジタルカメラの完成形はミラーレスカメラになりつつあります。
そこで、最近発売されたミラーレス機3機種に絞ってその動向と可能性を探ります。

それぞれフルサイズ、APSC、マイクロフォーサーズの代表としてα7RIII、X-H1、GH5Sを取り上げます。

第三部 (16:00〜17:00) 動画のHDR活用法

動画における最新アイテムであるHDRの今後の展望や活用法を解説します。

*講義時間や内容は当日に多少変更することがございます*

講師プロフィール

鹿野 宏

電塾事務局長  株式会社Lab 代表取締役

1956年 福島県生まれ、武蔵野美術大学専科実技専修課を卒業後、写真館勤務を経て、
1983年 フリーランスとして開業。2010年動画撮影、編集を開始。
2012年 コマーシャルフォトにて「鹿野宏の一眼ムービーなんて怖くない」の連載開始。

開催日時

2018年3月17日(土)13:30~17:00

受講料

お一人様:3,000円(税込)

開催場所

CHIHAYAスタジオ 愛知県名古屋市中区新栄2丁目42−23 千早ビル 1F

※お車の方は、近くのコインパーキングをご利用下さい。